「く」から始まる用語一覧
空間機能
空走距離
クォーターカー
屈曲部
屈折車線
クランク
クリアランス距離
クリアランス時間
クリアランス損失時間
グレーディング
クレスト
クローバー型インターチェンジ
クロソイド曲線
クロソイドパラメータ

クロソイド曲線

曲率(曲線半径の逆数)が曲線長に比例して一様に増大する曲線。(英:clothoid curve)

すなわち直線から曲線半径R[m]の円曲線に曲線長L[m]のクロソイド曲線を接続するとき、RL = A^2が成立する曲線をクロソイド曲線という。ここに、Aは定数で、クロソイドパラメータと呼ぶ。

車両の速さが一定のときに一定の速度でハンドルを切れば、曲線長に比例して曲率が徐々に大きくなり、その描く軌跡はクロソイド曲線と基本的に一致する。したがって、一定の速さで走行する車両の運転者に対して、クロソイド曲線は自然なハンドル操作を実現することとなるため、道路の平面線形の曲率が異なる平面線形要素を接続する緩和曲線として、一般に採用されている。

クロソイド曲線に関連する用語一覧